会社設立を考えているなら正しい知識を詰め込もう

開業のための知識

相談

柔道福祉士の資格を取得し、将来は自分のクリニックを開業したいと考えている人もいるでしょう。どのような流れで開業ができるのか知ると準備がしやすくなります。紙に整理するとスムーズに進められます。

柔道整復師の就職

相談

柔道整復師の国家資格を取得したら、就職先は様々にあります。柔道整復師として成長するには、将来開業したいなどという明確な目的を持っていることが非常に大切となります。

頼れるサービス

施術

将来接骨院開業を考えて柔道整復師の資格を取得する人は大勢います。しかし、ただ資格を持っていてもスムーズに独立開業ができるとは限りません。サポートサービスの力を借りながら、安定した経営を目指していきましょう。

会社を設立する

ビル

商号や事業目的を決める

東京では会社設立を行う人が増えてきており、自分のやりたい事を起業によって仕事にすることが人気です。東京で会社設立をする時には、会社の名称である商号を決める必要があり、漢字だけでなくカタカナやアルファベットも使用する事ができます。ただし東京の同一住所に同じ商号は使えないため、会社設立で商号を決めるときには法律を守ることが大切です。東京で会社設立をするときには、何をする会社なのか取引先や金融機関に知ってもらうために、事業目的を決めます。会社は基本的に事業目的以外の業務を行うことは禁じられているため、将来的に行いたい業務は事業目的に入れておきましょう。会社は賃貸でオフィスを借りている場合でも、会社の住所である本店所在地を決める必要があります。会社設立の登記を行う時に、具体的な会社の所在地を記載することになるため、本店所在地は明確にしておきましょう。またレンタルオフィスを本店所在地にした場合には、銀行によっては口座を開設できないケースがあるため注意が必要です。東京で会社設立を行うと、申告のために一年ごとに会計の区切りをつける事になります。会社の業績は決算日から2ヶ月以内に税務署へ申告する必要があるため、事業年度は忙しい時期を避けて登録することが重要です。会社設立するときには資本金を決める必要があり、会社が自由に使える運転資金になるため、資金繰りを楽にしたい場合には資本金を増やします。また資本金はお金だけでなく、物としても出資する事ができます。